Fashion Tipsスーツ豆知識

特殊コーティングについて

■特殊コーティング機能説明■

 

①『撥水機能』…水性汚れ防止、汚れシミ防止、汗染み防止など

撥水機能により、水性の汚れを弾いて寄せ付けない機能。

防水機能とはせず、衣類の通気を残す撥水機能を採用しています。そのため、雨など勢いのある水滴、長時間放置した場合など、衣類に水分が染み込みます。内部に入り込んだ水分も、繊維にコーティングは施されているため、シミになることを防ぎます。

そのように繊維間に入り込んだ汚れは、タオルで叩き出してあげることで、簡単に取り除くことができます。

 

②『防汚機能』…油性汚れ防止、食べこぼし汚れ防止、皮脂汚れ防止など

繊維一本一本をコーティングすることで、繊維に汚れが入り込み、シミになることを防止します。

食べこぼしや皮脂汚れなどの付着を防止し、様々な汚れから大切な衣類を守ることができます。

【機能検証】

検証内容:摩擦後の撥水試験

試験内容:1・2年間相当の摩擦を与え撥水性を評価する。

試験生地:綿(100%)

試験液剤:水性染料系インキ

摩擦:1日10回 1年間3700回 2年間7300回 3年11000回で検証

※生地の場所で違いが無いように、同一生地の5箇所で検証。

1年間相当摩擦後の試験結果(3700回摩擦)

→5時間経過後・・5箇所全てに浸透が見られず。

→6時間経過後・・5箇所中2箇所浸透が見られる。

★試験結果:1年間相当の摩擦後は5時間まで撥水効果が持続する。

2年間相当摩擦後の試験結果(7400回摩擦)

→5時間経過後・・5箇所全てに浸透が見られず。

→6時間経過後・・5箇所中2箇所浸透が見られる。

★試験結果:2年間相当の摩擦後は5時間まで撥水効果が持続する。

※1年間・2年間相当ともに同じ結果が出る事が判明。

 

③『防臭機能』…臭いの元から分解する高い消臭力

一般的なマスキング式(臭いの原因を包み込むだけ)とは異なり、臭いを元から分解することで、高い消臭防臭機能を発揮します。特に人の体に起因する菌類の繁殖を抑制し、気になる脇や股などの臭いを防止します。

【機能検証】

安全性:米国FDA(食品医薬品局)認証取得の高い安全性と信頼。効果が長時間持続します。

消臭効果試験:消臭率 イソ吉草酸99.99%、酢酸95%、アンモニア85%(日本食品分析センター)

 

④『摩擦軽減機能』…摩擦の防止

摩擦を軽減させることによって、脇など摩擦によるダメージが多い箇所を守り、衣類を長くご使用いただくことが可能になります。

【機能検証】

試験方法:JIS L 1096 E法

試験内容:摩耗強さ 押圧荷重9.0±0.2kPa※糸切れが発生するまでの数値で比較

試験生地:ウールスーツ生地(ウール100%)

試験結果

未施工ウール生地→18000回摩耗後に糸切れが発生

耐摩耗コーティング後→32000回摩耗後に糸切れが発生

耐摩耗コーティングによって、未施工の生地に比べて約2倍の摩耗強度がある事が分かりました。

 

<ウール特殊コーティング加工前>

 

<ウール特殊コーティング加工後>

 

 

■特殊コーティングの注意点■

 

・防汚、防臭、撥水の機能がありますが、防水機能はありません。

・ メンテナンスの際はアルコールやエタノール除光液、アルカリ洗剤、塩素系消毒剤は使用しないでください。

・クリーニングに出す時はドライクリーニングはお控えください。著しく効果が低下します。

・レザーや硬い素材は、乾拭きもしくは硬く絞った柔らかい布で拭いてください。

・スウェードなど起毛素材は、ブラッシングをして下さい。

・汚れが付着した場合、水を吹きかけて乾いた布で軽く叩いてください。

 

 

■アフターサービス■

 

一度特殊コーティング加工を施したお品物は、2回目以降半額で再コーティングさせていただきます。

 

 

PAGE
-TOP