ページトップへ

どうしてダブルとシングルが生まれたの?

スーツスタイルやジャケパンスタイルにおいて、シングルかダブルかということは大切なものになります。

スーツを購入した時に、裾上げに関してシングルかダブルか質問をされます。

どちらを選んだら良いのか、悩まれてしまうことも多いでしょう。

そもそも、シングルとダブルはなぜ生まれたのか学ぶ必要があります。

起源としては、英国紳士のミスをニューヨーカーが勘違いしたというところから始まっています。

裾が濡れたり汚れたりすることを防ぐためにスラックスを折り返したままで結婚式の会場に入り、他の参加者が流行スタイルと勘違いをして定着したことが上げられます。

他にも、競走馬オーナーが裾が汚れないように折り返したスタイルが評判だったことから、多くの紳士が取り入れ始めて人気が出ました。

スポーツハンティング(狩猟)に熱中する貴族によって生まれたことも、上げられます。

裾をまくりあげたことが起源となっていて、泥はねや濡れを防ぐためといった共通点があります。

スーツのボタン裾をダブルにして靴とのバランスを考えて取り入れると、足元を楽しめます。

相性が良いものを選びましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る