ページトップへ

スーツのポケットの「フラップ」とは?

スーツのポケットのフラップと言っても、
一体何のことかわからない方もおられると思います。

フラップとは、スーツのポケットについている、
蓋のことを言います。

初めてスーツを買った時などにはどう扱っていいのか、
内心戸惑った方もおられるのではないでしょうか。

このフラップという部分の役割ですが、
実はこれは、雨水や埃などがポケットの中に入ることを
防ぐ役割を担っています。

ポケットに物を入れるとシルエットが崩れるので、
必要ないと言われる方もおられるでしょう。

もちろん、スーツにフラップは
必ずついているわけではないのでご安心ください。

実は用途に違いがあり、
フラップがついているスーツは外で着る用のスーツで、
外で着る用でないスーツには
フラップがついていないという違いがあるのです。

日本の社会の中ではあまり意識される部分ではありませんが、
もし、オーダーメイドでスーツを仕立てようとお考えの場合は
こういった部分を知っておくと、
よりお望み通りの仕立てに近づけるでしょう。

出来る男のオーダーメイドスーツを東京でお求めなら、
k-51internationalにおまかせください。
http://www.k51-varyborn.com/

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る