ページトップへ

シングルスーツの種類

K-51の「できる男」がハマるシングルスーツとは

スーツ豆知識
シングルスーツはビジネスやパーティーに加え、普段着としても使えるオールラウンダースーツ。
シングルスーツにも、さらにいくつか種類があるのでご紹介します。

シングル3つボタン

上着にボタンが縦の1列に3つ配置されたスーツです。着用する時は第1・2ボタンのみを留めて第3ボタンは空けたままにしておくか、第2ボタンのみを止め第1・3ボタンは空けたままにしておく着方が一般的です。
ただ、最近では第1ボタンを外した着用方法が無礼にあたるとされている見方もあるため、注意してください。
胸元のVゾーンが小さく、体を全体的に引き締めてスマートに見せることができるため、細見で美しいシルエットを演出してくれます。ウエストを絞って体のラインをスマートに見せる伝統的な英国風スタイルのスーツは、こちらのシングル3つボタンが多いのが特徴です。

シングル3つボタン(段返り)

一番上のボタンと襟を一緒に返して胸元を開ける着方を前提としたスーツです。第1ボタンはありますが襟の返しが第2ボタンのすぐ上の位置まできていて、第1ボタンとホールは襟のひとつの飾りとなっています。着用する時は第2ボタンのみをかけるのが一般的です。シルエット的には次でご紹介するシングル2つボタンに近いものです。襟元がふんわりと立体的になり、高級感が出ます。こちらは伝統的なアメリカン・スタイルです。

シングル2つボタン

今最も着用されているスーツです。合わせの部分にボタンが縦に2つついている上着のスーツです。段返り3つボタンのスタイルから派生したもので、第1ボタンが段返り3つボタンよりもさらに下へと下がっているため胸元のVゾーンが大きく開くのが特徴です。ネクタイの引き立て効果に加え、体全体のシルエットをスッキリ見せる効果があります。着用時は上のボタンのみをかけるのが一般的。第二次世界大戦後に主流となって着用されてきたシルエットです。

シングル4つボタン

今度はボタンが縦に4つ配置されたデザインのスーツです。最近では極めて見かけない形です。スーツの原型である軍服のシルエットに比較的近いのですが、やはりあまり一般的ではなく、4つボタンスーツを前面に宣伝して製造しているメーカーは多くありません。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る