ページトップへ

スーツの王道3スタイルとは

メンズのスーツには、王道3スタイルと呼ばれる大まかなカテゴリーがあります。
順に説明していきます。

まずは、全体的に立体的で広く角張った肩の形が特徴のブリッティッシュトラディショナルです。
これは名前からわかるとおり、イギリスで発展したスタイルです。

オーダーメイドのお店が並ぶロンドンのサヴィル・ロウという有名な仕立て屋街で主に受け継がれてきました。
英国王室御用達の風格ある佇まいで知られます。

また同様に世界的に知られるのが、着心地が良く、他のスタイルよりも男らしさと色気が漂うクラシコ・イタリアンです。
これは、イタリアの中でもとりわけナポリで発展してきた独特の仕立て方法で作られています。

何度も仮縫いを重ねて、仕上げはすべて手縫いで行ないます。
着心地がよいとされるのはそのためです。

そして、ナロー&ナチュラルショルダーという、細めでパッドの薄いこと特徴で実用性に特化したアメリカントラディショナルも有名です。
歴史自体はイギリス、イタリアに劣りますが、世界中にファンが多く、歴代の大統領らもこのスタイルで仕上げたスーツを着ることが多いようです。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る