ページトップへ

スーツの素材にこだわりませんか?

スーツを選ぶ時に一番重視しているものは何ですか?

色、形、価格を重視する方は多いものです。

しかしながら、スーツを選ぶ際には素材も大切にしたいものです。

そこで今回は代表的なスーツの素材をご紹介します。

・ウール

ウールは一年中着用することが可能です。

さらには機能性も抜群で、
保湿性、伸縮性、弾力性に優れています。

しかしながら、虫がつきやすい素材でもあるため
保管するときは注意したいですね。

生地の厚さや織り方で着用する季節を分けると良いですよ。

・ポリエステル混

ポリエステル混のウールは強度が強くしわになりにくいことが特徴です。

乾きが早いので雨に濡れても、
ずっと冷たい思いをしなくて良いかもしれませんよ。

コストが抑えられるというメリットがありますが、
やはり100%ウールと比べて安っぽい印象を与えてしまいがちです。

吸湿性が低いので、静電気が起きやすいというデメリットもあります。

・コットン

コットンは、通気性がよく汗を吸い取ってくれるため、
春や夏には適した素材と言えるでしょう。

風通しを良くするために織り方は粗くなっている傾向にあります。

優しい肌触りでリーズナブルな価格帯が多い一方で、
シワになりやすく、メンテナンスが大変という欠点もあるのです。

いかがでしたか?

それぞれの素材の特徴を理解した上で
スーツを選んでくださいね。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る