ページトップへ

スーツの素材による違い〜ポリエステル〜

スーツを選ぶときに重要なのは、まずはスーツの形ですね。

例えば、シングルにするのかダブルにするのか、ベントはどうするかなどです。

そして、色や柄を選びます。

黒系、ネイビー系、グレイ系、ストライプ柄やチェック柄などです。

そして最後に重要なのは、スーツの素材です。

スーツの素材といって思いつくのはどれほどあるでしょうか。

代表選手としてやはりウールが存在します。

しかし、ビジネスマンが着用するにはポリエステル混合のウールをお勧めします。

100%ウールに比べると、テカりが安っぽく見えてしまうこともありますが、頑丈で熱に強いため、シワになりにくいため、毎日スーツを着用する人にはお勧めです。

また、保湿性が低いため、乾きやすいというメリットの一方で蒸れやすいとも言われています。

しかし、毎日スーツを着用する人は、シワになりにくく、ほこりなどのゴミもつきにくいこのポリエステル混合ウールを着ることのメリットの方が大きいのではないでしょうか?

それぞれ着用の仕方によって、生地を使い分けるのもスーツのおしゃれのひとつですから、スーツを購入する際には、素材に注目してみてはどうでしょうか?

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る