ページトップへ

スーツ生地の柄の種類(一部)

K-51が厳選する「できる男」が好むスーツ生地の柄の種類

スーツ豆知識

チョークストライプ

チョークストライプ

チョークで書いたような少しかすれた縦縞。ペンシルストライプよりやや太めの棒状のストライプです。

ペンシルストライプ

ペンシルストライプ

鉛筆で引いたような細い縞柄。チョークストライプより細く狭い間隔の縦縞で、生地と反対色の線が多いです。

シャドーストライプ

シャドーストライプ

黒や濃紺などダーク系の生地を使用したものが多く、光の角度によって影の縞が出てくる人気の柄です。

グレンチェック

グレンチェック

細いものや粗い数種類のチェックを交互に配した格子柄です。

ウインドペーン

ウインドペーン

細い1本の縦じまと横じまが交差した長方形または正方形の柄が、窓枠の格子に見えることが名前の由来です。
縞線の本数は様々ですが縦横同じ本数になっているのが特徴です。

ハウンドトゥース

ハウンドトゥース

猟犬のハウンドドッグの歯が名前の由来。黒×白または茶×白の2色の組み合わせです。
日本では「千鳥格子」とも呼ばれています。

ヘリンボーン

ヘリンボーン

「ニシンの骨」が名前の由来で、山と谷の連続が織りなす柄です。日本では「杉綾織り」と呼ばれています。
コートやジャケットによく使用されます。

ガンクラブチェック

ガンクラブチェック

同色の濃淡または色違いの2種類のチェックを組み合わせた小さい格子柄です。

シャークスキン

シャークスキン

縦・横に白糸と色糸を1本ずつ交互に使った綾織物です。ジグザク状でサメ皮のような風合いに見える事が名前の由来。

バーズアイ

バーズアイ

鳥の目のような小さい丸い斑点を並べた柄です。遠目には無地に見えるため、落ち着きのある柄として人気があります。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る