ページトップへ

ダブルスーツ

K-51が教える、時代を作ったダブルスーツとは

スーツ豆知識
一昔前までは流行のスタイルでしたが、最近ではシングルが主流です。しかし、ブライダル・パーティー・お葬式にビジネスシーンとどんな場面でも、シングルを着ている人もいればダブルを着ている人も見られます。
重厚や信頼のイメージがあるダブルスーツは、信用を必要とする不動産業や銀行関係で多く見かけます。
どちらがTPOをわきまえているなどの不適切ということはありません。着る人の好みで最終的に決まります。

ダブル4ボタン1掛け(ロングターン)

スーツボタンが左右に2個ずつ、合計4個ついていて、下のボタンを1つだけで留める着方のダブルのスーツです。
このデザインはバブル全盛期の頃に流行した形で、肩幅を5センチくらいプラスし、パッドを入れたダボダボのオーバーサイズが主流でした。

ダブル6ボタン2掛

スーツダブル6ボタンでの主流で、下のボタン2個を留めるダブルのスーツです。ダブルの中で最もドレッシーであり、風格や気品を持ち合わせた大人のイメージのデザインです。
ダブルスーツの中でも、一番ドレッシーでありながら、唯一着こなしを楽しめるアイテムだと思います。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る