ページトップへ

男を上げるチーフの使い方

一般サラリーマンの方は職場ではチーフを使う人は少ないですが、プライベートで大切な日や結婚式・パーティーでおしゃれとして身につけることがあります。

チーフの種類にはカッチリとした堅い印象のリネンと、エレガントな雰囲気のシルクの2つがあります。
どちらもビジネスとプライベートの両方で使えます。

ビジネスでは耐久性のあるシンプルなチーフ、フォーマルでは高級な白やシルバー、カジュアルでは柄物や赤といった派手なデザインが好まれます。

チーフにはいくつかの折り方があり、最も一般的なのがスクエアです。

ニュースキャスターが折ったことが名前の由来で、結婚式でのポケットチーフや、ビジネスのプレゼンテーションなど様々な場面で使われます。
縁を1〜2cm程度見せるのがポイントです。

ビジネス関連のパーティーで活躍するのがトライアングルです。
折り方や指し方がシンプルに見えますが、三角のバランスを意識してキレイに折ります。

ポケットからふんわりとチーフを覗かせて華やかさを演出するのがパッフドです。
山の部分にボリューム感が出るので、見栄えが美しく上品な雰囲気になります。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る