ページトップへ

良いスーツ生地って?

大人であれば、とっておきのスーツを一着は持っておきたいものですよね。

しかし、スーツの場合、普段着のように何着も買ってみるというのは難しいでしょう。

そこで、良いスーツ生地の選び方をご紹介します。

まず考えなければいけないのは、繊維についてです。

スーツには、天然繊維で作られたものもあれば、化学繊維で出来たものもあります。

天然繊維にも化学繊維にも、それぞれメリットデメリットがありますが、とっておきの一着を選ぶ場合は天然繊維100%を選ぶのが良いでしょう。

特に、ウールはスーツの生地として一般的なので相応しいといえます。

また、糸の細さも重要なポイントです。

スーツの糸は、原毛を紡いで作ります。
原毛を紡いだ後の糸の細さを糸番手と言います。

糸番手(糸の細さ)は生地質感を決める重要項目です。

原毛の細さについてもSUPER表示という指標があります。

例えば、SUPER120’sは「1グラムの原毛から120メートルの繊維を作ることが出来る」という理論上の指標です。

数字が大きい程原毛が細くなるので、滑らかな質感のスーツになります。

繊維と糸の細さに気を付けてスーツ生地を選ぶようにしましょう。

prof 問合せ
< スーツ豆知識へ戻る