Kouichi Kawasaki's Blogファッション通信

第442弾!!お客様スタイリング~徳山雄飛様~

 

ファッション通信

皆さま、こんにちは

 

 

 

3月30日は「国立霞ヶ丘陸上競技場」が完成した日。

 

皆さんが「国立競技場」の愛称で親しみがある施設のことで、総工費13億円以上、敷地面積22,000坪、収容人数58,000人と当時としては

国内最大規模を誇る運動競技場で、1964年には東京オリンピックの開閉会式の会場にもなりました。

完成を記念し、3月30日は「国立競技場落成記念日」として制定されています。

 

 

 

では、本日ご紹介させていただくお客様は徳山雄飛様です。

 

 

 

今回はグレーのウィンドーペン柄の3ピーススーツをご注文いただきました。

 

 

 

1色のラインが交差して、大きな格子を作っている柄がウィンドーペン。

クラシックでトラッドな印象を与えてくれる柄ですが、グレー地にブラウンのラインの配色により、そこに上品さも合わさっています。

 

 

 

裏地はバイク柄を使用し、遊び心のある作りになっています。

 

 

 

まさにオーダーだからこそ作ることが出来るしっかりこだわった徳山様だけのすてきな一着に仕上がりました。

 

 

徳山様、ご来店ありがとうございました。

 

 

 

 

 

筆者紹介

 

 

course_kawasaki

川崎 浩一 K-51 International CO.,LTD.

10代からアパレル業界に身を置き30歳で独立。

異業種の人々との交流が増えてくる中で、
経営者含め一般ビジネスマンの身だしなみに対しての
意識の低さとスーツのビジネスマナーの無知さに愕然とする。

身だしなみを整えることはビジネスにおいての

マナーであり相手に対しての礼儀である

という事を伝え、年齢・体型・シチュエーションの合わせた
大人のスーツスタイルを提案している。

→プロフィール詳細

PAGE
-TOP