Kouichi Kawasaki's Blogファッション通信

第469弾!!お客様スタイリング~姜鶴青様~

 

ファッション通信

皆さま、こんにちは。

 

 

9月28日は【プライバシーデー】。

1964(昭和39)年9月28日に、日本で初めて

「プライバシーの権利を認めた判決が下された」

ことにちなんで制定された記念日。

きっかけは三島由紀夫氏の小説「宴のあと」の

モデルとされた当時の外務大臣が

「内容から作者と新潮社を訴えていた」

ことに起因。

この判決で「プライバシー」という言葉が

使われたのをきっかけに、日本でも人格権が

認められ、言葉としても定着するように

なったそう。

 

 

 

では、本日ご紹介させていただくお客様は

姜鶴青様です。

 

 

 

今回はネイビーのカルゼ生地で

3ピースをご注文いただきました。

 

 

 

カルゼは糸の織り方で生地に凹凸感

を出したもので、肌触りがいい、シワに

なりにくい、伸縮性があるなどの

特徴があります。

 

 

裏地はシルバーのペイズリー柄を使用。

一見派手にも見えますが、品があります。

 

 

 

3ピースで作ることで貫録と大人の雰囲気が

出て、品格ある仕上がりに。

 

 

 

こだわった姜様だけの

すてきな一着に仕上がりました。

 

 

 

姜様、ご来店ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筆者紹介

 

 

course_kawasaki

川崎 浩一 K-51 International CO.,LTD.

10代からアパレル業界に身を置き30歳で独立。

異業種の人々との交流が増えてくる中で、
経営者含め一般ビジネスマンの身だしなみに対しての
意識の低さとスーツのビジネスマナーの無知さに愕然とする。

身だしなみを整えることはビジネスにおいての

マナーであり相手に対しての礼儀である

という事を伝え、年齢・体型・シチュエーションの合わせた
大人のスーツスタイルを提案している。

→プロフィール詳細

記事一覧

    PAGE
    -TOP