Fashion Tipsスーツ豆知識

飛行機での長時間異動でスーツがシワだらけに!防ぐ方法はある?

長期の出張や遠出の結婚式に出席する時に、現地まで飛行機を利用される方も多いでしょう。
その際に気になるのが、スーツのシワです。飛行機での移動や荷物の積み下ろしなど、様々な要因でスーツがシワになってしまうことはよくあります。そこで、スーツがシワになって困る問題について、解決策を考えていきたいと思います。

スーツがシワになる原因

まず、スーツがシワになる原因を考えてみましょう。スーツがシワになる主な原因は以下のようなものがあります。

・長時間の移動や座りっぱなしによる圧力

・荷物の圧迫

・外気や湿度の影響

・スーツ自体の素材や構造

こういったシワを避けるためにはどんな工夫をしたらよいのか、皆さんが悩まれる所だと思います。
以下にその対処法をご紹介いたします。

 

飛行機内で上着はハンガーを使ってスーツを吊るす

飛行機内でスーツを持ち運ぶ場合でも、ハンガーを使用してスーツを吊るしておくことができます。これにより、スーツが押しつぶされずにシワができにくくなります。また、 飛行機内でシワ取りスプレーを使用してスーツにシュッと吹きかけることで、シワを軽減することができます。機内で利用でき、スーツの素材に合ったスプレーを選びましょう。

 

ジャージスーツを利用する

またシワになりにくい素材のスーツを選ぶという方法があります。
ジャージスーツは素材の特性により、シワになりにくいという利点があります。

飛行機の移動では、長時間の座りっぱなしや移動中の脱ぎ着が多く、なかなかスーツのシワは避けられないものです。
しかし、ジャージ素材のスーツを着用することで、シワになりにくく、快適に過ごすことができるようになります。
また、ジャージスーツは機能性だけでなく、近年のデザインの進化により、スタイリッシュでおしゃれな印象を与えることができます。

ジャージスーツを利用するメリットをご紹介します。

 

1. ジャージ素材はストレッチ性があり着用時のしわや伸びた部分が戻りやすく形状が保たれやすくなる。
2. 撥水性や速乾性に優れているため、汗や水分を吸収せず、乾きやすい。
3. 長時間座っているためにできるシワも、素材が伸び縮みしやすいため、シワが残りにくい。

 

最近は特にシワになりにくく、動きやすいジャージスーツをオーダーメイドする事もできるようになって来ています。

ただし、ジャージスーツでもあまりに長時間座っていたり、車や電車などの乗り物で移動したりすると、シワができることがあります。
そこで、以下のようなポイントに注意することでシワ対策ができます。

 

サイズ選びを注意する:

ジャージ素材のスーツは、ウール素材のスーツよりも伸縮性があるため、サイズが合わないとシワができやすくなります。自分に合ったサイズを選ぶことが重要です。自分の体に合わせたオーダースーツであればベストです。

 

行動時の注意:

ジャージスーツを着用している場合は、長時間同じ姿勢で座っていたり、車や電車などの乗り物で移動する際には、定期的にストレッチや休憩を取り、体を動かすことが重要です。また、座った際にスーツのシワができるのを防ぐために、座る前にスーツの裾を引き上げておくと良いでしょう。

 

アイロンは控えめに:

ジャージ素材はデリケートな素材なので、アイロン掛けは控えめに行いましょう。アイロン掛けする際は、中温に設定し、裏返してからアイロンをかけることで、シワを伸ばすことができます。

 

オーダージャージスーツという究極の選択肢

ジャージスーツも、オーダーであれば目的に合った 最高の1着を得ることができます。
以下に、オーダージャージスーツの利点をいくつか挙げてみます

 

シワになりにくい素材を選ぶことができる:

オーダージャージスーツは、既製品と比べてよりシワになりにくい素材を選ぶことができます。特に、最近ではポリエステルとウールの混紡素材が多く使われています。この素材は、ウールの高級感とポリエステルの耐久性を兼ね備えており、シワになりにくく、お手入れも簡単です。

 

自分に合ったサイズで作ることができる:

オーダージャージスーツは、自分の体型に合わせて作ることができます。これにより、よりフィット感が高く、シワになりにくい上にスタイリッシュな印象を与えることができます。

 

好みに合わせたデザインを選ぶことができる:

オーダージャージスーツは、自分の好みに合わせたデザインを選ぶことができます。例えば、ボタンの種類や数、襟の形、ポケットの形状など、細かな部分までこだわることができます。特に自分の好みだけでなく、できるだけビジネス面で活用しやすいデザインを選ぶ事もできます。

 

移動の多いビジネスマンに適している:

オーダージャージスーツは、移動の多いビジネスマンに適しています。シワになりにくく、軽量でお手入れも簡単な素材を選ぶことができます。また、機能的なポケットや耐久性の高い裏地など、旅行に必要な機能を追加することもできます。

 

長期間使用できる:

オーダージャージスーツは、自分の好みに合わせて作ることができるため、長期間愛用することができます。また、シワになりにくく、高品質な素材を選ぶことができるため、長期間の使用にも耐えられるスーツを手に入れることができます。

 

もちろんビジネスのすべての場面でジャージスーツを利用できるというわけではありませんが、長期の出張時に利用する1着としては是非お勧めです。

 

オーダージャージスーツをご検討の場合、是非おすすめしたいのがK-51インターナショナルのジャージスーツ専門ブランド「NOBILE」です。
「NOBILE」では、ビジネスからプライベートまで利用できるジャージスーツをご提案しています。
https://www.k51-varyborn.com/jerseylp/

 

NOBILEのジャージスーツが選ばれる5つの理由

・圧倒的な品ぞろえの多さ
・スタイリッシュな仕上がり
・業界初!オーダースーツ×美容院
・メディア掲載、テレビ番組での紹介多数
・充実のアフターフォロー

ご相談だけでも可能ですし、『スーツセミナー』なども定期開催しておりますので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

スーツケースを利用する場合

長期の出張などでは、複数のスーツを利用するためにスーツケースを利用される方も多いと思います。
スーツをスーツケースで持ち運ぶ際には、以下の注意点に気をつけることが重要です。

 

スーツをハンガーにかけたまま収納する

スーツケース内部には、スーツをハンガーにかけることができるスペースがあります。スーツをハンガーにかけたまま収納することで、シワになりにくくなります。また、ハンガーにかけることで、スーツ自体が汚れたり、傷ついたりすることを防ぐことができます。

 

 

スーツ以外のものとは分けて収納する

スーツケース内部には、スーツ以外の荷物も収納することができますが、スーツと一緒に収納する場合は、スーツ以外のものとは分けて収納することが重要です。スーツ以外の荷物がスーツに圧迫されたり、摩擦を生じたりすると、シワの原因となってしまいます。また、スーツ以外の荷物によって、スーツに汚れや傷がついてしまうこともあります。

 

スーツケースのサイズを選ぶ

スーツケースのサイズを選ぶ際には、スーツが収まるように十分な大きさのものを選ぶことが重要です。スーツがきつく収まってしまうと、スーツにシワができやすくなります。逆に、余裕のあるサイズのスーツケースを選ぶと、スーツがスペース内で動いてしまい、シワができることがあります。適切なサイズのスーツケースを選ぶことで、スーツがシワにならずに持ち運ぶことができます。

 

空港での取り扱いに注意する

スーツケースは、空港での取り扱いに注意が必要です。荷物が荒く扱われることがあり、スーツが圧迫されたり、摩擦を生じたりすることがあります。また、スーツケースに貼る荷札には、名前や住所などを記載しておくことで、紛失した場合にも迅速な返還が可能となります。

 

スーツの襟や袖、ポケット、裾などをきれいに整える

スーツの襟や袖、ポケット、裾などが乱れていると、スーツがシワになる原因となってしまいます。スーツを収納する前に、きれいに整えるようにしましょう。

 

 

 

ガーメントケースを利用する

ガーメントケースとは、衣服を収納するための専用のバッグのことです。一般的には、長方形の形状をしており、ファスナーで開閉できるようになっています。また、内部にはハンガーがついており、スーツやドレスをかけることができます。一般的には、出張や旅行などでスーツを持ち運ぶ際に利用されることが多いです。また、ガーメントケースには様々な種類があり、軽量かつ丈夫な素材を使用したものや、ホイールがついているものなど、機能性に優れた製品も販売されています。

ガーメントケースを使うメリットについてご紹介します。

 

スーツがしわになりにくい

ガーメントケースを使うことで、スーツがしわになりにくくなります。ガーメントケースは、スーツをハンガーにかけたまま収納することができるため、スーツのしわを防ぐことができます。

 

持ち運びが楽になる

ガーメントケースにスーツを入れることで、持ち運びが楽になります。スーツケースにスーツを詰め込むと、スーツが圧迫されるため、しわができやすくなります。しかし、ガーメントケースを使うことで、スーツが縦に収納されるため、スーツが圧迫されず、しわができにくくなります。

 

収納力が高い

ガーメントケースには、スーツ以外のものも一緒に収納することができます。例えば、シャツやタイなどのアイテムも、ガーメントケースに一緒に収納することができるため、スペースを節約することができます。

 

 

ハンガーケースの利用

スーツを購入してきた時に、いただけるハンガーケースに入れておくのも良い方法です。
他の荷物と一緒に預けてしまうよりも、持ち込んで機内のクローゼットにかけてもらう方が安心です。
手荷物預けでは、スーツが他の荷物と一緒に詰め込まれ、長時間のフライト中に圧力や湿度の変化、荷物の振動などによってスーツがしわになることがあります。一方、持ち込んで機内のクローゼットにかけてもらえば、スーツを縦に収納することができ、スーツが他の荷物と接触することがなくなります。また、機内のクローゼット内は気圧や湿度が比較的一定に保たれているため、スーツがしわになるリスクが低くなります。

CAの方にお願いすると、上着と一緒にかけていただくことも出来ますが、ビニール袋をかけてもらうとほこりなどの心配もすることがありません。

しかし、設備が整っていない場合は飛行機の席上についている収納部分を利用することになります。
揺れもない環境になるため、きれいに畳んで収納しておくとしわが発生することも有りません。
ハンガーケースであれば、多くの人が利用していることも有り、持ち込みを禁止されることも有りません。

飛行機での移動中にスーツがシワになることは完全には避けられないかもしれませんが、上記の対処法を活用することで、シワを最小限に抑えることができます。

記事一覧

PAGE
-TOP